• 株式会社 ボナンザ

JAYCO Jay Flight SLX 154BH

SLX 154BHについて詳しく解説します。154BHはSLXトレーラーシリーズの中で総全長が5.5m、全幅2.3mと非常にコンパクトなトレーラー、それでいながらアメリカンの豪華装備を備えたモデルになります。

2020年モデルはフルモデルチェンジし、外装カラーがホワイトからシルバーグレーのツートンカラーになり、より重厚感が増した外装となりました。汚れも目立たなくなりました。従来まであったフロント窓のストーンガードもなくなりました。エントランス上部には電動式のLEDライト付きオーニング(標準装備)が備わっています。ボタンひとつで展開出来、暑い日差しを遮ったり、雨の日の出入りに大変重宝します。


フロアー図

車内の解説

フロント側に4名がゆったり過ごせる広いダイネットを備えています。3面に窓があり、非常に明るいのが特徴です。すぐ上にキャビネットが備わり物も取り出しやすいです。左上の白い物はエアコン(標準装備)になります。ダイネットは展開することにより大人2名が余裕で寝れるベッドになります。窓はスモークガラスでプライバシーもしっかり保たれます。

こちらはキッチン部分です。右側に広い作業スペースがあり、調理に非常に便利なスペースになります。この作業スペースが無いトレーラーって結構ありますが、この作業スペースががあると無いでは大違いです。作業スペースの下には冷蔵庫が備わり、ここから出した物を置くにも大変便利なスペースになります。シンクはお湯も使え寒い時期の洗い物に大変便利です。コンロ上部には換気扇、電子レンジ(標準装備)が備わっています。

奥にはお子様が喜びそうな2段ベッドが備わっています。大人でも余裕な広さです。少人数の方の場合、良くこの2段ベッドがいらないと言いますが、実はここ最高の荷物スペースになります。154BHは小型モデルのため、収納が少ないのですが、ここは大きな物も置け、取り出ししやすい荷物スペースとして活用出来ます。

部屋の一番置くには独立したトイレとシャワーが備わっています。小さなお子様がいるご家庭にはこのトイレは非常にありがたい装備です。シャワーはトレーラーの清水タンクの水量では厳しいですが、水道を直接つなげる環境であれば問題なく使用できます。

エントランス脇には下駄箱としても使えそうな収納が備わっています。(写真左下)その上にはBluetooth対応のオーディオ(写真下中央)が備わっており、携帯からお好きな音楽を車内でも外でも楽しめます。トイレ上部には明るいスカイライトが備わっており(写真右下)狭い室内も広く感じます。

更にすごいのは、この154BHにはトレーラー単体をリモコンで動かせる電動ムーバーが標準装備されております。 重たいトレーラーを連結しないで動かすには?と悩む方もいますが、このトレーラーは小さなリモコン一つで、連結されていない状態のトレーラーを動かすことが可能です。前後だけで無く、180°向きを変える事も狭い範囲で可能です。


JAYCO Jay Flight SLX 154BH

全長:5.5m 全幅:2.3m 全高:2.8m

標準装備

シングルシンク(水&お湯)、2口ガスコンロ、2Way冷凍冷蔵庫(ガス&電気式)

換気扇、電子レンジ(100V)、エアコン(100V)、水洗トイレ、シャワースペース

4名着座対面式ダイネット(ベッド展開可能)、常設2段ベッド、Bluetooth対応オーディオ

LED照明付電動サイドオーニング、電動イージームーバー、サブバッテリー1個

5kgガスボンベ2本 付属品一式(給排水ホース、電源変換ケーブル、スペアタイヤなど)

清水タンク37L、グレータンク75L、ブラックタンク75L

price=318万円(税・諸費用別途)


Baja Edition

154BHにはBaja Edition(オフロードパッケージ)の設定があります。Baja Editionは、ワイルドタイヤを装着し、ノーマルの車両より車高が高くなっており、よりワイルド感が出たモデルになります。Baja Editionは20万円(税別)の追加料金でお選びいただけます。


小型なのにすごいトレーラーということがおわかりいただけたでしょうか?

少人数からファミリーまで活用出来ます。



1,256回の閲覧

株式会社 ボナンザ

〒208-0021

東京都武蔵村山市三ツ藤3-12-1

TEL:042-520-1866

FAX:042-520-2191

mail:info@bonanza.co.jp

©2019 Bonanza Co., Ltd. TOKYO JAPAN