• 株式会社 ボナンザ

災害に備えて、プチ別荘ライフ

アメリカントラベルトレーラー(キャンピングカー・キャンピングトレーラー)はこの様に定置利用者も多いのが特徴です。

アメリカントレーラーは上下水道などのインフラ整備を行っていただければ、直接つなぎ込むことが可能で、給水などに制限を受けずお使いいただくことが可能です。

上下水道、電気、ガスなどが備われば中での暮らしはもう家と変わりません。


事例1

東北の震災においてトレーラーを所有されていた方が、家は津波の被害を受けましたが、トレーラーは高台においてあったため津波の被害を受けることなく、被災後はそのトレーラーで約1ヶ月程生活しました。ペットがいたため避難所へ行くことが出来ませんでしたが、自分のトレーラーがあったので、避難所に行くこともなくペットは家族と過ごすことが出来、また、プライバシーも守られた生活がおくれました。


事例2

千葉において大規模停電が起こった際、トレーラーがあったお客様はトレーラーで普通に生活出来たそうです。3日程でしたが、トレーラーにはソーラーパネルも備わっていたので、夜も普通に生活出来ました。 小さなお子様を抱えたお母さんに授乳室として貸してあげたり、携帯の充電をさせてあげたりと、地域の人に大変感謝されたそうです。


事例3

コロナの影響で外出自粛が騒がれたゴールデンウィーク。気分を変えて自宅でトレーラーで暮らしてみたそうです。家より狭いながらも、気分はキャンプ気分。圧迫感の少ないアメリカントレーラーは最高だったとご連絡もいただきました。逆に、同じ様なことをされたヨーロッパの小型トレーラーのお客様からは、ゴールデンウィークに過ごしてみたけど、水も使えないし、狭くて中にずっといるのは無理でアメリカンに乗り換えを検討しているとのお問い合わせもいただきました。


この様に、アメリカントレーラーは牽引してキャンプするばかりでなく、普段の生活にも密接に関係して使うことも可能です。 プチ別荘として購入される方も増えて来ました。

別荘を建てるよりはるかに安上がりで、万が一手放すときも容易なトレーラー別荘。


アメリカントレーラーには、ガスコンロ、キッチン、トイレ、シャワールーム、ベッド、ソファーなど普通に生活する上での装備がすべて備わっています。

アメリカなどでトレーラーに暮らしている方がいるのはこのおかげです。

あくまで、趣味の域でこれを主体に生活していくのには少し厳しいところもありますが、好きな方は毎日の家としてアメリカントレーラーに暮らしている方もいます。

維持費も安く、メンテナンスも容易なアメリカントレーラー。いじることが好きな方はキャンピングカーとは一味違った楽しいトレーラーライフを過ごせるでしょう。


アメリカンはトレーラーも大きく、牽引するにはそれなりな大きな排気量の車が必要であったり、けん引免許も必要。大きなトレーラーが欲しいけど牽引には不安があるなどの方が多いのも現実です。

そういった方は、もし土地があるなら、あるいは気に入った土地にトレーラーをおいて自分だけのプライベートキャンプ場、別荘ライフなんて方法はいかがですか?


#キャンピングカー #キャンピングトレーラー #トラベルトレーラー #アメリカントレーラー #別荘 #トレーラーハウス #災害に備えて #ペットと暮らす #男の隠れ家 #世田谷ベース #ボナンザ #アメリカンRV #ジェイコ #ジェイコトレーラー






0回の閲覧

株式会社 ボナンザ

〒208-0021

東京都武蔵村山市三ツ藤3-12-1

TEL:042-520-1866

FAX:042-520-2191

mail:info@bonanza.co.jp

©2019 Bonanza Co., Ltd. TOKYO JAPAN